日本の伝統工芸・漆器 うるし工房 錦壽(山岸厚夫)
ショッピングカートを見る
メールでお問い合わせ
トップページへ
山岸厚夫
特徴
豆知識
お支払い・送料
会社案内
お問合せ
トップページ銘々皿>山岸厚夫 荒挽 銘々皿

山岸厚夫 荒挽 銘々皿


20年以上売れているロングヒット商品です、名前は銘々皿としていますが、茶托として使われている方も多いです
一般のお客様はもちろんですが、陶芸作家さんの購入が多いです、焼き締めの湯のみなどは大きめで重厚感があるものがほとんどです、一般の茶托は薄く軽いものが多いので湯のみと合わないのです、
そこで私の皿を知り、茶托に使われることが多く、陶芸作家が雑誌に載る時に、私のこの銘々皿を使われることも多いのでヒットするようになりました、

朱色の写真は難しく、ライトによって明るく写ったり、渋く映ったりします、実際の朱色は渋めで艶消しの雰囲気です


山岸厚夫 荒挽根来 銘々皿
8,400円(税込)




山岸厚夫 荒挽曙 銘々皿
8,400円(税込)


内側の荒挽も外側のカットも一枚一枚バラバラです。この商品を生み出すキッカケは木地さんで仕事を見ていたら、年配のおじさんが板を丸ノコで適当というか、だいたいの円になるように10角なのか13角になるか気にせず、流れ作業的にカットしていました。その気楽な雰囲気がいいなぁと思い、コレダッと思いました。つまり、こうしなくちゃという意識が少ない感覚は自然の世界に近いものがあると思っています。植物の大小や形、川の流れ、すべて同じものはありません。そんな理想に近いものを作りたいと思って作ったのが荒挽シリーズであり、銘々皿をつくりました。私は銘々皿と呼んでいますが、この商品を茶托ですねと購入される方もおられますし、取り皿ですねと言われる方もおられます。私はどのように使うのも自由だと思います。朝はサラダを盛り、お昼の来客にお菓子を載せ、夕方、友達が来て果物を盛り、夕食には煮物を盛るというように全く食器棚に置かれる事がないぐらいに活用して頂けたらうれしいです。
素材 とちの木のくり抜き
サイズ 直径16.7cmx高さ3cm
塗り 天然漆

塗りは当工房で下地からすべて手塗りしています。
■デザートをのせてもサラダをのせてもOK。
■コースターとしてゆのみやコーヒーカップも似合う!
■しっかりとした厚みがあるのに木製だから軽い♪
■冬でも夏でも普段でもお客さま用にもいつでもOK。
■取り皿としても使える……豪快な取り皿です


当店の漆器を買って、一年以内で、使って、はげたり、割れたりしたら新品と取り替えさせて頂きます。
注意して頂きたいことは電子レンジ、オーブンに入れる事、食器洗い機にかける事です。お客様のミスで落として、欠けたりした場合、又は、一年以上の使用の場合、修理費を頂きます。
その場合も、商品を見て修理費を見積もりさせて頂き、お客様に了承を得てから、修理にかかります。

聞きたい!
■うるしって何?・・・こちらをクリック
■錦壽の商品の使い方は?・・・こちら
■贈り物にしたいんだけど・・・こちら
■うるしの色の変化・・・こちら
■他にも聞きたい!という方は・・・こちら




有限会社 錦壽
(ゆうげんがいしゃ きんじゅ)


〒916-1232
福井県鯖江市寺中町21-2-1
TEL:0778-65-3001 FAX:0778-65-2490
店舗運営責任者:山岸厚夫


Copyright (C) 2004 KINJU. All Rights Reserved.